読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしっちメモ

わたしっちとは静岡の方言で私達または私の家のことです。私まわりのあれこれを綴ります。

大学受験から国立大学(理系)入学準備、一人暮らしの準備にかかった費用は?わたしっちの場合。

大学にかかる費用

大学受験から入学、一人暮らしの準備にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

2年後に長女の受験をひかえているので、長男の記録を残しておこうと思います。

 

  • 2016年度地方国立大学(理系)入学
  • 自宅外通学
  • 2年目にキャンパス移動で引越しあり

 

 

大学受験にかかった費用

出願費用

  検定料
センター試験 18,000
国立大学 センター推薦 17,000
国立大学 前期 17,000
国立大学 後期 17,000
私立大学 センター利用 18,000
私立大学 一般 35,000
私立大学 一般 35,000
合 計 157,000

その他、写真代、出願入金手数料、願書送付切手代、返信用切手代など。

 

合計して約165,000円かかりました。

 

国立大学のセンター試験利用推薦で合格。

面接もなかったので、どこにも宿泊していません。

 

合格発表前の私立大学一般試験を1校、地元の受験会場でしています。

 

推薦で合格しなかったら、国立大学の前期、後期、私立大学のもう1校を県外で受験の予定でした。

 

ただ、センター試験の自己採点結果が良かったので宿泊の予約はせず、落ちたら一気にするつもりでした。

 

他の国立大学に入学した近所の同級生ママと話す機会がありましたが、この親子は受験の宿の予約を9月にしておいたそうです。

  

推薦の合格発表は私立大学の入学金の支払い期限前にあり、支払う必要がなくなりました。

 

 

国立大学入学にかかった費用  

入学準備 

  金額
入学金 282,000
前期授業料 267,900
大学生協関係 出資金、保険など 22,800
学部指定 賠償保険 4,670
学部指定 パソコン(プリンター含む) 223,700
教科書 60,000
スーツ、バッグ、靴 106,000
交通費(長男片道、母往復) 24,000
合 計 991,070

母である私は入学式に出ませんでしたが、レンタル家具の受け取り日に長男は大学で説明会があったため、急遽、私も長男のところに行くことになりました。

 

 

一人暮らしの準備

 

  金額
賃貸物件下見 交通費 (宿泊なし) 48,000
引越し 自家用車使用 高速代など 4,000
引越し 宿泊費 1泊×3人 45,000
家具家電(大学生協 157,850
レンタル(ベッド、机セット、自転車、鏡) 22,000
雑貨 70,000
4月分 家賃 40,000
4月分 生活費 100,000
合 計 486,850

レンタルにしたのは、一年後キャンパス移動があり、引越す予定があるからです。

 賃貸物件は、敷金礼金なしで、洗濯機と冷蔵庫とカーテンと照明は無料で貸してくれました。

大家さんから直接借りました。

 

まとめ 

 

  金額
大学受験にかかった費用 165,000
入学準備 991,070
一人暮らしの準備 486,850
合 計 1,642,920

 長男の場合、受験の宿泊と交通費がなかったこと、地方大学なので賃貸物件の家賃が安いことを考慮すると、長女の時はもう少し多くかかると予想されます。

 

とりあえず、受験までに200万円を目標に貯蓄する必要がありそうです。